名古屋市科学館のプラネタリウムの歴史は長く、1962年11月3日の開館から2010年8月31日までの48年間に、1500万人以上の方が来場しています。
2011年3月にリニューアルオープンした新しいプラネタリウムは、限りなく本物に近い星空の再現を目指し、ドーム内径35m という世界一の大きなプラネタリウムとなりました。
プラネタリュウム本体や映像機器が新しくなり、学芸員が生解説を行うというスタイルはそのままです。
毎月テーマを変えて季節の星や天文学の話題を取り上げています。

限りなく本物に近い星空を再現するために、「ユニバーサリウムIX型プラネタリウム」(光学式プラネタリウム)と、 コンピュータで計算した星空をプロジェクターで投影しています。
未来や過去の星空も見えます。
宇宙旅行等も再現できる 「スカイマックスDSII」(デジタル式プラネタリウム)もあります。

全天に広がる迫力ある映像を映し出す全天動画システムや、高精細な景色を投影するデジタルパノラマシステムを導入しています。
レーザー投影システムや補助投影機群等、多くの映像システムも設置されています。
また音響システムも素晴らしく、ドーム型の特殊な空間向けに専用に設計されています。
解説者の声も音響的な特殊な処理をして自然に聞こえるように配慮しています。
ドームの中の音に耳を傾けると、足元から虫の声が聞こえたりなどの音響演出も見どころです。

関連記事

    None Found